遊びをせんとや生まれけむ

いいね!されない生き方を目指す

クーカムとメナムの残照とsunset at chaophraya

2013年にタイに行ったんですよ。ちょうどその時期にクーカムという映画が上映されていまして。

帰国して調べたら何度も映画化&ドラマ化してるキラーコンテンツじゃないですか。

ずーーーっと気になってたんですけど、DVDは未発売、原作は絶版…。

あきらめていたんですが…最近、大学の図書館なら原作あるんじゃね?と気づきまして、探した結果、普通にありました。

上下巻読みました。


感想(ネタバレ含む)

第二次世界大戦中のタイが舞台。

主人公のアンスマリン(タイ人)と青年将校のコボリ(日本人)のラブストーリー…かと思いきや、政治的な話も絡んできます。

タイ人の作家が書いたのですが、日本軍の気質とか日本文化をよく調べていてすごい。

帰りを待つ人がいるアンスマリンの頑固さ、それでも健気に彼女を愛するコボリの優しさが描かれていました。

最後の方でツンツンのアンスマリンがようやくデレたと思ったら、唐突に終わってしまって残念。もっと展開して欲しかった。

でも映画化したら感動的な終わり方!泣ける!みたいな感じなのかな。


疑問

・一回のセックスで妊娠するものだろうか?しかも初めてやぞ…まあそんなこともあるか

・アンスマリンはコボリに「日出子」という日本名をつけられたのだが…

クーカムの英題はsunset at chaophraya…。

日が沈むでいいのか?sunriseの方が良いのでは?と思った


訳者のあとがきによると、メナムの残照は各都市の図書館に寄贈されているらしいです。

ぜひ読んでみてください。


メナムの残照 (角川文庫)

メナムの残照 (角川文庫)

ライブに行った話

6月10日に下北沢の近松というライブハウスに、井乃頭蓄音団のライブを観に行った。

井乃頭蓄音団のライブに行くのは2015年のグッバイ東京ツアー以来、久しぶりである。


前回のライブで爆音で耳が痛くなった教訓を生かし、イヤープロテクターを準備して臨んだ。

良いですよこれ。

大きすぎる音が和らいで、でも歌声はちゃんと聴こえる。

ライブが終わった後、耳がキーンって痛くならない。超オススメ。


セットリスト

一部

ようこそ我が家へ

言ってはいけない言葉

この道を

偶然金メダル

オーライ

the weight(カバー)

親が泣く


二部

さよならだけでも構わない

夢ひとつ

帰れなくなるじゃないか

帰れてしまったじゃないか

カントリーロード

フライングエッグ

素直な自分

東京五輪

アンゴルモア

僕ら風まち


アンコール

ねんねんころりの子守唄

グッバイ東京


一言でいうとおもしろかった。みんなで声を出したり、しんみりして切なくなったり…。

どの曲も素晴らしい。歌詞も良い。

何よりバンドのメンバー達がかわいい。MCもおもしろくてフフッと笑ってしまった。

ライブハウスはノリに慣れなくて苦手だけど、楽しかったのでまた行きたい。


MAHOROBA

MAHOROBA

小型船舶免許を取った話

2015年3月に小型船舶免許(2級・特殊)を取った。
ちょうど就活が始まる時期だが、どうしても取りたかった。
大学2年の10月に当時付き合っていた恋人に振られて、自分の魅力がたりないなら何か資格を取ろう!よし、船だ!と思ったのがそもそものはじまりだ。
そのときは結局一人では勇気が出ず、自分探しの旅をして満足した。
今回は同じゼミの友人が小型船舶免許を取りに行くことが判明したので、それじゃあ私もと便乗したのである。
 
場所は沖縄。3日間の集中コース。
費用は講習費93000円+飛行機代+宿代などで14万円くらい。
東京で取るのとあまり変わらないと思う。
内容は学科・実技講習、学科・実技試験。
エンジンの構造とかカタカナが出てくる話はちんぷんかんぷんでついていけなかった。
船の操縦は難しかった。波のせいでまっすぐ進めないのだ。
それでもなんとか合格した。
 
同じ教室の受講生ともそれなりに仲良くなった。
地元の人、仙台から来た人、横浜から来た人、仕事のために、暇つぶしでなんとなくなど、様々な人がいた。
同じ教室にいる20人が船長になるのか、船長の集団だ、おもしろいなと思った。
日常生活で船長に出会うことは滅多にないので。
 
こうして小型船舶免許は私の履歴書の資格欄に追加されたのだった。
あー船に乗りたい。